ZoomとYoutubeを利用した2拠点相互ライブ配信

ZoomとYoutubeを利用した2拠点相互ライブ配信

先日、福岡県内の2箇所の会場をZoomで接続し、両会場の登壇者の方のスピーチをZoomで繋ぎ、更にその映像+音声をYouTubeのライブストリーミングで配信するというお仕事をいただきました。

本番のYouTube配信を行うまでに数回のテスト・リハーサルをおこなったのですが、課題となったのは音声を拾うマイクでした。Macbook Pro・Microsoft Surfaceともにマイクが内蔵されているのですが、内蔵カメラでの映像の取得は大きな問題はなかったのですが(使い勝手などの向上の為に結果的にUSB接続のカメラを使用しました)、ノートPCの内蔵マイクの音声の品質は満足できるものではないという事を改めて実感させられました。

YouTubeライブ配信を簡単に、映像・音声はそこまで重要ではないなら

TS-WRLP 斜め(スタンドあり)

アイ・オー・データ社のTS-WRLPというカメラはYouTubeライブストリーミングに標準対応している便利なネットワークカメラです。初期設定が少し難しいのですが、「サーバーURL」と「ストリーム名/キー」を設定し、WiFiに接続すれば自宅や職場の映像などをWiFi→YouTubeへと繋ぎ、配信を行うことができます。

使用用途としては、不特定多数に見ていただく為の映像配信ではなく、自宅に小さなお子様が居る場合、宅内のペットの様子等々を外部から確認するのに向いています。公開設定も「限定公開」または「非公開」にしておき、あくまでも極々限定されたユーザーのみが閲覧するのに向いていますね。

アクロスでは、YouTube配信やZoomの設定等に対応しています。ご自宅・職場などご指定の場所にスタッフが訪問し対応致します。ご興味・ご予定のある方はお気軽にお問い合わせください。