Snipping Toolとグラブ スクリーンショットよりも便利なキャプチャアプリ

Snipping Toolとグラブ スクリーンショットよりも便利なキャプチャアプリ

訪問設定の際に便利なアプリを教えて下さいと質問いただく事が多くあります。便利なソフトは沢山あるのですがワードやエクセルなどのソフトを多く使う方にお教えさせていただいているのが、任意の領域をキャプチャ(コピー)して、エクセルファイルなどに貼り付けたり、保存したり出来るキャプチャに特化したアプリです。

ありがたいことに、Windows10にもmacOSにも同様のソフトが標準で付属しているので、別途購入したり、フリーソフトをダウンロード・インストールする必要はありません。

Windows10標準搭載の十分に使えるキャプチャアプリ「Snipping Tool」

Snipping ToolはWindows7から標準搭載されているキャプチャアプリです。所謂スクリーンショットと違うのは任意の場所を範囲指定してコピー出来る事。コピーしてエクセルやワードに貼り付けたりする使い方が用途としては大きいですね。勿論メール本文に貼り付けたりと使い方はアイデア次第です。

コピーしたい範囲だけをキャプチャ出来ると当然トリミングする必要が無くなるのでとても効率が上がります。

Mac OS標準搭載の頼れるキャプチャアプリ「グラブ」

Mac OSのグラブも定番のキャプチャアプリです。Snipping Toolの様に任意の範囲を指定しコピーして、別のアプリケーションで使用したり、画像を保存したりととても有用です。MacでもエクセルやWordを使用する方が多いかと思いますが、勿論キャプチャしたコピーを貼り付ける事も出来ますし、Photoshopなどの画像編集アプリに貼り付けて別の画像素材を使用することが出来ます。